(´∀`∩くぽぁ記(´∀`∩

【FF11冬眠】腐女子の隠居生活【FF14引退】
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 【漫画】上条明峰のTOP熱しやすく冷めやすい ≫ 【漫画】上条明峰の

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【漫画】上条明峰の

昔コミック派で20巻くらいまで買ってて途中から忘れてたS.D.KYOの続きを最近になって読んだ。
38巻まで出てたのねこれ。
私が読まなくなってたあたりからラストダンジョン壬生に入って面白くなってたorz

最初は冷酷な敵として出てきてたはずの悪人ヅラの兄、辰伶が読者人気がでてきたせいか生真面目な熱血バカというIKEMENに改変されて生き延びていたり\(^-^)/
弟を殺したとみせかける為に自分の腕を切ってその血しぶきに隠れ弟ぶん殴って気絶させて死んだように見せかけていたトリックには何かあるなーとは思っていたけれど騙されたのぜ。
真の宮毘羅も死の病にかかった娘の為、記憶を失って自分のことを忘れ二度と会えなくなっても構わないと娘の命と引き換えにバーサーカーになる契約をしていたり(ノД`)
そして全ては一族の為だった太四老の絆つД`)


物語が進むにつれ桃太郎式に敵だったSAMURAIをどんどん仲間にしていき、皆が皆GENKAI TOPPAして強さのインフレをおこし仲間になったら弱体化、更にSENZO GAERIの大安売り、それでいて誰も死なないからラストバトルの時1人のボスに対しこんな大人数でどうするのかと思ったらほとんど石化したので、なるほどその手があったか!と思ったw
だってkyoだから。
こんな展開でもスキー(≧∇≦)b



そんな上条作品の3つ目がいつのまにか始まっていたらしい。
二作目は連載当時一話目だけ立ち読みした記憶があるけど打ち切りにされ黒歴史だったとゆう。
なので二作目飛ばして三作目、CODE:BREAKERを読んでみた。

目には目を歯には歯を悪には悪を!な異能学園バトルもので法で裁けぬ悪人を燃やすゴミ掃除のバイトをしてるダークヒーローな主人公がひしぎを10歳くらい若返らせた感じで、ヒロインが朔夜を人相悪くした感じ。
主人公の仲間にほたるっぽいキャラ敵?に幸村っぽいキャラがいたり。

今までにないキャラってゆうと公式が認めるHENTAI平家先輩。
常に官能小説を持ち歩き、戦闘時には分厚いソレのおかげで撃たれても死なない人。
「エロではありません芸術です」は名言w
4/17にはこのHENTAI先輩大活躍の4巻が出るし楽しみ\(^o^)/

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。