(´∀`∩くぽぁ記(´∀`∩

【FF11冬眠】腐女子の隠居生活【FF14引退】
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 【震災】自己記録用1TOP東日本大震災 ≫ 【震災】自己記録用1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【震災】自己記録用1

昨日ようやく電気が復旧したのでまとめてみる。

非難直後。奥にある銀色の貯水槽のようなものがメキメキにされていたの図(拡大推奨)


■■地震当日■■

仙台空港近くの某大型店で仕事中被災。
最初は大した揺れじゃなかったが震度4くらいになってきたらお客さんが慌て始めたので、私も揺れの中掴まりながら歩いて回りお客さん一人一人をテーブルの下に待避させ、最後のお客さんに声をかけている最中体ごと持っていかれるような強烈な揺れ。
流石に危機を感じたので早口で声をかけながら自分もテーブルの下へ潜った。
以前行った『スモリの家体験用震度6』より強い揺れだった。
あれならまだ屈めば手を使わずとも二本足だけで踏ん張れたのに、本物はしがみついたテーブルごとガタガタと宙に浮いてぶっ飛ばされそうな横揺れ。
I型のテーブルだったから脚の部分に自分の体重もかかっているのに、それにしがみついても体ごと動いて、更に上から物が降ってきたり。
3分くらいの長い揺れの後半にキタ超強烈な揺れで停電。
暗くなったせいで一部お客さんから悲鳴もあがる。

揺れ始めから3分くらいしてひとまず落ち着いたのでお客さんを外へ誘導。
停電になったせいか放送はない。というか一切の情報がないまま、館内放送も死んだので避難誘導は全て直接声をかけておこなった。

こんな状況なのに律儀にもお金払って行こうとする人もいた。
「お金はいいから早く外にー!」とお客さんを外に出し従業員も合流。
私も携帯だけを持ってみんなと外に避難。
その時はすぐに戻れるだろうと思ってそれしか持って出なかったんだけど外で集まって「落ちた天井踏み越えてきた」だの従業員の話をきいてたらもしかしたら戻れないんじゃないかと考えた。正にビンゴ。
確かに各店舗ディスプレイはかなりガラス割れまくってたけどそこまで大事になるとは‥‥。

雪もチラつき余震揺れまくりな外に一時間ほど放置プレイ。
一緒に震えていた同僚のお兄さんが車で迎えにきて一人帰って行ったのだがその子は閖上だったから後から話を聞くと家族は無事で良かったけれど危機一髪だったり、家が土台を残して流されていたり大変なことになっていた・・・。
途中点呼あったり移動したり、それでも収集つかなそうで近くに住む上司がアパートに家族の安否を確認しに戻ったあと、奥さんと赤ちゃんを連れて車で迎えに来てくれて一旦上司アパートに避難し服を借りた。

このとき地震から1時間~2時間くらい。晴天なのに吹雪という不気味な異常気象。
そして真上ではしばらく飛行機が旋回していた。
その時は仙台空港滑走路が余震で危なくて降りれないのだろうかと思っていたけど、実際は津波にやられていたことが後から分かった。

一時避難していた空港付近のアパートにも津波の影響で道路が浸水し始め、ヘルメットを被った人から「ここは危ないから中学校に避難してください!」と言われその方向に逃げはじめた。
信号が全部止まっていてそれで停電していたことに始めて気付く。
中学校校庭に車をとめ、おそらく教職員の方々に体育館へと案内される。
まだここまで避難してくる人が少ないのか床に敷いてあるシートの中で一番厚めのシートを選択。
赤ちゃんもいたので優先的に毛布を貰えた。
でも時間が経ち暗くなってきて、停電で電気がないのでドアを全開にして車のヘッドライトで中を照らす。
そのおかげでえらい寒い。だって外は雪だもの。
体育館も段々いっぱいになってきた頃上司の奥さんがここよりは海と離れてる実家と連絡がとれ一緒に連れてってもらえることになった。
向こうからみたら全然他人の私に良くしてくれて感謝の極みでした(ノ△T)
東日本大震災 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。