(´∀`∩くぽぁ記(´∀`∩

【FF11冬眠】腐女子の隠居生活【FF14引退】
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 【震災】自己記録用2TOP東日本大震災 ≫ 【震災】自己記録用2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【震災】自己記録用2

余震の連発する夜。
泊めて頂いたお家で赤の他人の私のためにわざわざ割れ物の破片散乱してるとこ片して寝れるような場所を確保してくれたり、多分元々は人数分しか用意していなかったであろうカップ麺を断水・停電の中、貴重な水とカセットコンロのガスを使って分けて頂いた。
数えるくらいしか予備がなかった乾電池でラジオや懐中電灯をつけ、赤ちゃんもいたのでラジオから緊急地震予報のSEが聞こえる度全員で外に出たり。
停電で真っ暗闇の中常夜灯がわりにつけてた亀山ロウソク&ラジオの減りが想像以上に早い。
結構太いと思ったのにロウソク一本2~3時時間くらいでラジオはずっと付けてたら一晩程。
交代で起きてるから少しでも寝なさいと言われたけども余震が頻繁なのとラジオで母入院先の病院や自宅方面の情報が何かないかと集中してたりであまり眠れず、朝方ラジオを消されてから仕方なく休んだ。
そのときラジオで「仙台市若林区荒浜で200~300の遺体が打ち上げられて~」と何度も繰り返し言われていて戦慄したのを覚えてる。
少し仮眠してから前日から続けている上司のDOCOMO携帯を借りて家族の携帯にかけているが誰とも繋がらず。
携帯は繋がりづらく、固定電話は死んでいるようだった。
駄目元で母病院にかけてみたら何度目かで奇跡の開通。
自信の無事とお世話になってるお家の名前・電話番号を伝えると、母の方にも弟から「家がめちゃくちゃだ」というメールが入っており、地震でめちゃくちゃなのか津波でめちゃくちゃなのかどっちだろうね?ってこれで二人の生存は確認できた。
あとは津波の被害を受けたという空港のすぐそばで働いている父の安否だけが分からなかった。
空港よりもずいぶん離れた私の職場までも低いながらも津波が来てたので、手前はもっと高いだろうと思った。
父の安否は分からなかったがお世話になってる家に役立つため近くの開いてる店を探して回り、赤ちゃん用に軟水を探した。
硬水のペットボトルはお家の人が買ってきたがそれじゃミルク用に使えないらしく、改めて軟水を探しに。
開いてるコンビニを見つけたが既に棚はほぼ空で行列が。
ほとんど残っていない棚と床に落ちてても壊れていないようなものからの水と使えそうなものを探す。
とにかく食料を確保した。
並んでる途中でもう無いだろうと思っていた冷凍コーナーを覗いたらまだロックアイスがあったのですかさずget!
クーラーボックスに入れても役に立つし、硬水じゃないから溶かして赤ちゃんミルクに使えるしイイ物が買えた。
買い物を終えて戻ると母方の親戚が迎えにきていた。
東日本大震災 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年03月17日(Thu) 15:27
編集
>>たくみんさん
あわわわ
こんな僻地よく分かりましたね(°□°;)
↑の記事実は書き途中で続きをまだ書いていないだけだったのですが、目の前で車を流されたものの父も無事でした。
なんか私がちんたら書いてたせいで余計な心配をかけてしまったみたいでずびまぜん
でもありがとうお気持ちだけありがたく頂きますお(^∀^)ノ
2011年03月17日(Thu) 22:28












非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。