(´∀`∩くぽぁ記(´∀`∩

【FF11冬眠】腐女子の隠居生活【FF14引退】
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 【震災】自己記録用5TOP東日本大震災 ≫ 【震災】自己記録用5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【震災】自己記録用5

地震のあと親父は川から水が消えてるなぁと思いつつも空港付近の職場へ。
地震からしばらくすると弟が残る家では停電のなか外から大津波警報の放送が鳴り響き、一度は弟も避難しようとパンとお茶と懐中電灯を持って車に乗ったが津波が来るのにわざわざ近づいて行った親父も、音信不通で帰って来なかった私も死んだと思われてて誰も帰って来ないのに一人だけ生き残るのもなぁと思って家に戻ったらしい。
結果的に家まで津波は来なくて、親父も職場駐車場にて目の前で車を流されたものの本人は二階に逃げて無事だった。
津波と言っても「流石にここまでは来ないだろう」と皆が思う場所まで来たのが今回の津波。
実際地震の被害で古い塀や壁が倒れたり瓦が落ちたりとかはあったけど家が潰れたりとかはなかったので人為的被害はそこまでじゃなかった。
ほっとんど津波。

本当にここまで来ないだろう的な地域まで来た。
親父もそう思って津波に近づいて行ったようだし。
SH3E0571.jpg
昨日母退院の帰りに流された車から車検証やら荷物やら取りに行くのに通れない道路を迂回しまくりながら現場へ探しに行ってみたら、駐車場だったせいか車の墓場のようだった。
SH3E0582.jpg
SH3E0577.jpg
SH3E0585.jpg
SH3E0588.jpg
SH3E0603.jpg
仙台空港付近の親父の会社は海岸から3キロ程の距離、それでも地震の1時間後くらいには低いながらも波が来たようで、親父がみた津波も最初は10㎝くらいだったとか。
それでもその10cmででかいタンクが流れてきて、「なんか流れてるよあはは~」とか呑気に喋ってるうちに駐車場の隣の川から濁流が一気に溢れ出してあっという間にその辺にあった車やトラックや積み荷を流し去ったらしい。
SH3E0596.jpg
重なりあってたりひっくり返ってたりまともな体制じゃない車が多い中うちのは上手く着地していた。
見つけた車はドアが開きづらくなっていて、車内も泥まみれで必要なものも探しずらかった。
SH3E0578.jpg
満タンに入れてたはずのガソリンも、バールのようなもので給油口がこじ開けられていたりして。
油不足の昨今しょうがないっちゃしょうがないけど生き残った二台に満タンだったガソリンを分けたかった。
油へるぷみー(≧ヘ≦)


しかし父も弟も無事で良かった。
地震の時に入院していた母なんかはワンセグで空港が津波に襲われて航空学校3階にいた人しか助からなかったって映像を見て、連絡も来ないしもう死んだと思って一人部屋じゃないのに夜中に声を上げて泣き出したり遺体を探しに行くってスリッパのまま脱走して看護師さんを困らせたりしていたようで。
入院先の方々には本当申し訳なかったです。
しかしこれで母も退院し地震から一週間、ようやく家族が揃った。
あれだけの出来事で命があって車一台程度で済んで幸運でした。

馴染みの場所や泊まったことのあるホテル、様々な場所が消えてしまった。
酷いところは町が丸ごと消えてしまったりと本当にたくさんの人が津波の被害にあった。
うちの親戚関係でも家が半壊した従兄弟宅、避難所で倒れ救急車で運ばれた祖母ちゃん、寝たきりで避難が間に合わないから自分を置いて逃げろと家ごと流されて死んだ親戚の婆ちゃん、一度無事が確認されたのに何かを取りに自宅へ戻って帰らぬ人となったはとこ。
他にもたくさんの、本当に本当に有り得ない数の人達が犠牲となった今回の津波。
ここまでは来ないだろうという場所まで到達し、普段から津波対策をしてる沿岸部さえも対応しきれない想定外の波の高さ。
それがこんなにも大きな被害を生んでしまったのだろうかと素人ながらに思います。
犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共に、今回の大津波を教訓とし生き残った者の責務として諦めずに復興していけたらなと思います。
東日本大震災 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。